ニキビ跡ができないようにするにはどうしたらいい?

ニキビ跡ができないようにするにはどうしたらいい?

ニキビ跡というのは炎症が毛穴の皮膚組織を破壊することでできます。


そのためとにかく毛穴詰まりができてしまってもそれを炎症させなければニキビにもならないし、ニキビ跡ができることもありません。 そのため白ニキビ(コメド)とか黒ニキビ(酸化した皮脂)の状態でストップさせることが大切です。


とはいっても気づいたときには赤く炎症を起こしてしまっていることもあると思います。こうしたニキビのできやすさや悪化のしやすさというのは 遺伝的な体質も影響しているんですが、普段食べているものや腸内環境も無視できないぐらい影響しているといわれています。


肌をつくるのは普段食べているものですし、腸は免疫を司る臓器ですからここに問題があれば肌の免疫力も低下して炎症が起こりやすくなります。 腸内環境が荒れている人は「血が汚れている」という表現をされることがありますが、汚れた血の影響を受けて肌が荒れやすくなるというのは至極当然のことでしょう。


ニキビが悪化しない段階での早め早めのスキンケアで対処するのはもちろん大切ですが、常日頃から肌質が少しでも改善するように食べ物に気をつけたり、 免疫力が低下して炎症しやすい状態をつくらないように腸内環境に気をつけるということも大切になってくると思います。


炎症させないスキンケア! 詳細はコチラ

繰り返すニキビをとにかく防ぐ

繰り返すニキビをとにかく防ぐ 毛穴詰まりが悪化して炎症を起こすのを防ぐというのがニキビ跡を防ぐ1つの方法ですが、もう1つ気をつけておきたいのが同じ毛穴でニキビを繰り返さないということです。


炎症が起きても程度の軽いものならそこまで皮膚組織が破壊されるということはなく、跡も残りませんが、 繰り返して同じ毛穴で炎症を起こしているとなると話は別です。


ダメージが蓄積されていくのでニキビ跡ができやすくなります。


大人ニキビはニキビそのものが治っても再発しやすいという特徴があり、それがニキビ跡が残りやすい理由でもあります。 この繰り返すニキビの根本原因はターンオーバーの乱れです。


ようするにニキビは治っても毛穴詰まりができやすい肌環境は改善されていないため、また何かの拍子で毛穴が詰まって炎症しやすい状態が維持されているということなんですね。 ニキビと一緒にニキビができにくい肌づくりもしていかないといつまで経ってもニキビスパイラルから抜け出せないということなんです。


ニキビ跡のケアをしつつも他の毛穴で炎症ニキビが発生しないように気をつけないいけませんし、同じ毛穴で再び炎症が起きないようにも気をつける必要があります。 こうした予防と事後ケアの両方ができるケアコスメというのがビタミンC美容液なので、ニキビ・ニキビ跡ができない肌作りには積極的に取り入れていきたいところです。


イチオシのビタミンC美容液は? 詳しくはコチラ
Copyright © 2014 ニキビ跡(=色素沈着)におすすめビタミンC美容液<Best3>· All Rights Reserved·